老後2,000万問題 月5万円不足
真の問題点とその対応策
都心のマンションでは月10万円くらい不足?
賃貸住宅でも月10万~15万円くらい不足?
家計支出26万円/月、年金給付21万/月・・・
老後2,000万円問題を通して、
住宅ローンと年金問題を考えてみました。

衝撃の老後2,000万円不足問題、その本当の恐ろしさ

老後2,000万円問題 - さわぎの発端は、金融庁の金融審議会が取りまとめた、

「高齢社会における資産形成・管理」という報告書の一節です。

この報告書の趣旨は、「今後、一般の方が資産形成のために投資を行う事が多くなる。

だから、このような一般の小口投資が安全に資産を形成できるように、

金融機関は顧客本位で事業を進めるべきである」というものでした。

そもそも「2,000万円」は、報告書の序盤で、老後の生活の

モデルケースとして示しただけの、いうなれば「例え話」です。

大昔は祖父母から孫まで、一つ屋根の下、日々の糧や暮らしの苦楽を分かち合い暮らしていました。

そして少し前の時代は、年金給付金と退職金で老後を暮らす生活設計が基本でした。

でも現在は、退職金制度や終身雇用がなくなり、旧来退職金を充てていた部分に

金融資産(投資や貯蓄)の運用益や、原資の取り崩しを充てたり

給与所与、事業所得を得たりして暮らしいています。

そして老後2,000万円不足するモデルは、このような話のひとつの事例にすぎません。

そして、この報告書がこの一節で言いたかったのは、

人生100年時代、人口構成などの社会構造が変わった現代、年金給付の不足を

退職金や族の収入ではなく、投資などの資産運用益を充ててる人も多いよ

ということなのです。

 

だいたい年金給付だけで老後が暮らせないなんてことは、当たり前の話です。

そして「100年安心な年金」は、年金給付だけで100年暮らせる、という意味ではなく、

老後のベーシックインカムとしての年金制度を、未来まで(比喩的に100年)運営する、という意味です。

個人資産を持たず老後は国が生活を保障する、なんていう桃源郷が存在する、といううわさもありました。

でもこれは結局し、社外主義国のまやかしで、年金給付だけで老後を暮らせる国など、存在はしませんでした。

前述の通り、昔の日本では族互助や退職金が老後の生活費を補完するセーフティーネットとなっていましたが、

現在はそれが、長期雇用、投資運用などへと変わってきているにすぎません。

(つまり年金だけで暮らしてゆける、なんていう制度も時代も存在していないし、そのような制度設計ではない)

 

そしてこの話の本当に恐ろしさは、もちろん老後に2,000万円足りなくなることではありません。

全く関係のない情報を飛躍させて、ありもしない幻想である事ない事を騒ぎ立てる行為だと思います。

2,000万円足りない?それはこういうコトです。

「年金だけで暮らせないのは分かったけど、

投資資産もないし、ましてや2,000万円なんて貯金できないよ~っ!

わ~~っ!」

と騒ぐ前に、なんで老後に2,000万円足りないというモデルになるのか、整理してみましょう。

まずは、金融庁のワーキンググループが例示しているモデルケースの収支内訳です。

老後に2,000万円足りなくなるのは、

「国の不作為だ!」とか「年金で100年大丈夫はウソだった!」と

声高に叫ぶ声ばかりが聞こえます。

でもなぜ2,000万円不足する「計算」になるのか、

その理由はおろか、件の報告書に掲載されているケースの詳細を説明できる人は少ないようです。

 

なので、どういう計算で2,000万円も足りなくなるのか、

まずは数字を確認しましょう。

 

【高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)】

  科目 世帯支出   補足(当店記載)   科目 世帯収入   補足(当店記載)  
  食料 ¥64,444   1人1日約千円   勤め先収入 ¥4,232   アルバイトやパート報酬  
  住居 ¥13,656   に住むための費用   事業収入 ¥4,045   お店などの収益  
  光熱水道 ¥19,267   電気ガス水道   社会保険給付 ¥191,880      
  具・事用品 ¥9,405   財や生活雑貨   その他収入 ¥9,041   宝くじの当選金、還付金  
  被服および履物 ¥6,497   衣服、靴            
  保健医療 ¥15,512   病院の診察料や、薬代            
  交通通信 ¥27,576   電話代や電車賃、携帯電話料            
  教育 ¥15   生涯学習教室参加費用            
  飲食娯楽 ¥25,077   友人との会食、旅行や娯楽            
  その他消費支出 ¥54,028   小遣い、交際費、仕送り金            
  非消費支出 ¥28,240   税、健康・雇用・社会保険料            
  支出計: ¥263,717       収入計: ¥209,198      

\54,519/月 の不足

年間では、\54,519/月 * 12ヶ月

\654,228/年不足

老後30年間 
では\654,228/年 * 30年

 ¥19,626,840不足
( 約2,000万円 )

投資の必要性を説明するモデルケースとしては、

「なるほどな~」といったところです。

じゃ、どうすればよいの?

繰り返しになりますが、これは金融庁が創作したシミュレーションです。

いわば、あえて作った年金だけでは暮らせない生活収支にすぎません。

老後にこういう生活をしたい人は、年金だけじゃ足りなくなりますよ。
だから働くか、何かするかしなくちゃなりませんよ。
そしてこれからは投資を始める人が増えますよ。
なので金融機関さん、個人投資にもしっかり対応してくださいね。

というお話のための事例にすぎません。

  ※こういう生活
 ■頻繁にどこかへ遠出する
 ■友人と毎週のように会食する
 ■孫などに毎月数万円の小遣いを渡す
 

 

そのため交際費や通信費など過剰な支出ではないかと思われる科目もあるのです。

 

例えば交通通信費。\27,576/月 も必要ないでしょう。

プロバイダー費用\5,000/月 + 携帯電話費用\5,000/月*2台 + 固定電話\3,500なら、\18,500

電車やバスで毎日出かけることは少ないでしょうから、\20,000あれば月の出費を賄えそうです。

 

娯楽飲食費\25,000はけっこうな金額です。

いろいろあっても、現実は\10,000/月*2名くらいが妥当でしょう。

 

その他消費支出はかなり抑えることが出来ると思います。

少子化時代、孫に小遣いを遣る機会も少ないでしょうし、よほどの事情でもない限り、仕送りは不要です。

交際費も娯楽費と一緒賄えば、飲食娯楽等のその他支出は一人\10,000/月~\15,000/月でやっていけると思います。

 

リタイア後の納税額は極端に減りますので、健康保険や介護保険で数千円/月*2名で、合わせて\10,000/月くらいです。

 

単純な計算ではありますが、現実的な出費を当てはめて見ると、

年金だけでも基本的な生活費は賄うことが出来るようです。

 

【高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)】

  科目 世帯支出   補足(当店記載)   科目 世帯収入   補足(当店記載)  
  食料 ¥64,444   1人1日約千円   勤め先収入        
  住居 ¥13,656   に住むための費用   事業収入        
  光熱水道 ¥19,267   電気ガス水道   社会保険給付 ¥191,880   収入は年金だけと仮定  
  具・事用品 ¥9,405   財や生活雑貨   その他収入        
  被服および履物 ¥6,497   衣服、靴            
  保健医療 ¥15,512   病院の診察料や、薬代            
  交通通信 ¥20,000   電話代や電車賃、携帯電話料            
  教育 ¥15   生涯学習教室参加費用            
  飲食娯楽 ¥10,000   友人との会食、旅行や娯楽            
  その他消費支出 ¥15,000   小遣い、交際費、仕送り金            
  非消費支出 ¥10,000   税、健康・雇用・社会保険料            
  支出計: ¥188,796       収入計: ¥191,880      

\3,084/月 

年間では、\54,519/月 * 12ヶ月

\37,008/年

老後30年間 
では\654,228/年 * 30年

 ¥1,110,240余剰 ができます。

年金だけでも暮らしてゆけます。

ただ、もちろんこれはモデルケースのモデルケースですから、

こんなにうまくゆかない月もあれば、何もお金がかからない月もあるでしょう。

結局は暮らし方次第で、老後の資金計画が大きく変わります。

それに、ときどきは贅沢したいし、旅にも出たい。

つまり

よりよく豊かに暮らすためには、何らかの実入りが必要ではあります。




でもちょっと待って

住宅費 \13,656って?

 

住居費13,600円問題が発生する!




住居費:\13,656/月 ← どこの公営住宅の賃??

 

これってシミュレーションだとはいっても、モデルケースとしてこの設定は厳しいです。

[上の図の拡大]
住居費13,656円って何よ

 

モデルケースは何かの平均値だと思います。

でも、通常都内
13,600円/月では賃を賄うことはできません

夫婦二人暮しをするためのお部屋、例えば2LDKなら、かなり安くて7.5万/月、

通常は10万 + 管理費等 + 駐車場代2万円 以上で、合計12.5万円くらい。

分譲マンションローンが終わっていたとしても、管理費+積立金+駐車場代で5万円以上でしょう。

 

【東京郊外 都市部マンション 毎月発生する費用の相場】
賃貸や、分譲マンションでは、老後も家賃や管理費積立金などが発生する

 

つまり、分譲マンションでの生活や、賃貸住宅では、

2,000万円の貯蓄があっても、

安心して老後を過ごせないようです。

出来るだけ年金で老後を過ごすために

モデルケース、住宅費13,600円を成立させるためには、一戸建てで、ローンを完済させておく必要がある。

老後2,000万円問題を乗り切る絶対条件

老後のクラソの絶対条件:ローン完済など4項目

ローンの繰り上げ返済は難しい ましてや完済なんて・・・

老後のために住宅ローンを完済する。

絶対条件だったとしても、多くの人が目標にしていることでも、かなり難しいことかもしれません。

平成末からの不動産バブルで、都心の不動産は高止まりしたままです。

さらに通勤に便利と言われている、23区内のマンションは、

もはや新築中古も、かなり無理なローンを組まなくてはならない、

高嶺の花(高値の花)となってしまいました。

ですから、定年までにローンを完済するためには、相当な繰り上げ返済が必要です。

トカイナカのススメ

例えば23区で3LDKを探すと、かつての商業地に建つ土地50㎡、建坪60㎡の物件で、1億円にはなりませんが、数千万円です。

調布・府中や三鷹から国分寺など、比較的23区に近い郊外でも、3,000万円台の3LDKはなかなかお目にかかれません。

もし出物に出会えたとしても、狭小住宅だったり、再建築不可や定期借地権の土地に建つ物件の可能性もあります。

 

でももう少し離れた場所、新宿から電車で40分~50分のエリアなら、3,000万円以下の3LDKが数多く流通しています。

特に西武新宿線近隣ならば、土地100㎡以上、建坪75㎡以上の大型4LDKも流通しています。

 

23区で狭くて高価なマイホームを狙うか、

大きな街の周辺で、少し無理をして3LDKを狙うか、

もう10分だけ電車に乗って、広い4LDKを無理にないローンで手に入れるか。

 

価値観は様々ですが、老後の暮らしを考えるなら、西武線沿線がおススメです。

トカイナカ、西武拝島線沿線は便利でオススメ

「年金2,000万円問題」はあくまでシミュレーション。

しかし、暮らし方によっては、もっともっと苦しい生活を強いられることも考えられます。

 

将来へ備えるためも、無理のない住宅ローン計画で、早々に完済を目指しましょう。

 

リタイア後の穏やかな暮らしのために、よりゆとりのある暮らしを送るためにも、

住宅価格が手ごろながら、都心や街へのアクセスが便利な西武新宿線・拝島線沿線をお勧めします。

 

この近隣でどのような一戸建てを、どのような計画で購入できるか、

[P"]広い家に住みたい→新宿50分圏 敷地120㎡超が他路線よりお値打ち

でご紹介しております。ぜひご一読ください。

不動産のお困りごと、無料で相談をお受いたします

不動産の無料相談はこちらのフォームから

不動産のお困りごとに無料でお答えする、不動産の無料相談

 


相談者様へのセールスは一切いたしません。
当店とのお取引のないご相談にも対応します。
内容によりお答えできない場合があります。
内容により専門をご紹介させていただく場合があります。
---------------------------------------------------------------

【 こんな場合にご利用ください 】


族の不動産相続をネットで調べたが条件が複雑で、よくわからなかった。
マンションを売却したいので、中立の立場で本当の相場を教えてほしい
住宅ローン審査の前に、現実的に無理のないプランを教えてほしい。
・投資で失敗したくないので、コツをいろいろ教えてほしい。

不動産取引のセカンドオピニオンとして

不動産に関するの疑問や諸問題の解決に


---------------------------------------------------------------

  年収住宅ローン借入額 ご参考物件検索  

 

ご予算別の物件検索をご用意いたしました。

当店公式HPやSUUMOから、現在の収入や自己資金を合わせたご予算で、ご希望の物件をお探しください。

 

都内でお手頃なマイホームをお探しならば・・・

「新築一戸建て 相場一覧 お得なエリア 都内6選+2エリア」をご覧ください。

 

  年収300万円以下の世帯:住宅ローンの借り入れは困難です。   年収~300万円の方向けの約2000万円以下の物件をHOME'Sで検索します。   年収~300万円の方向けの約2000万円以下の物件を当社公式HPで検索します。  
  年収300万円以下の世帯:住宅ローンの借り入れは困難です。   (ご参考 ~ 2,000万円)  
 

借り入れられた場合でも、現実的には1,800万円がご返済の上限です。

 
             
  年収300万円~400万円の方の住宅ローンのお借入目安は約2400万円です。   年収300万円~400万円の方向けの約2500万円以下の物件をHOME'Sで検索します。   年収300万円~400万円の方向けの約2500万円以下の物件を当店公式HPで検索します。  
  年収300~400万円の世帯:約2,400万円の住宅ローンを利用可能    ~ 2,500万円  
 

かなり物件が限られると思われがちな価格帯です。
でも当店なら、都心への通勤が可能なエリアの物件や、十分な広さの物件も取り揃えております。

 
             
  年収400万円~500万円の方の住宅ローンのお借入目安は約3000万円です。   年収400万円~500万円の方向けの約3000万円以下の物件をHOME'Sで検索します。   年収400万円~500万円の方向けの約3000万円以下の物件を当店公式HPで検索します。  
  年収400~500万円の世帯:約3,000万円の住宅ローンを利用可能   2,500万円 ~ 3,000万円  
 

23区内ではなかなか物件が出てこない価格帯です。
当店が担当するエリアには、都心30分程度の3LDKなど、充実のスペックの物件が多数ございます。

 
             
  年収500万円~600万円の方の住宅ローンのお借入目安は約3600万円です。   年収500万円~600万円の方向けの約3500万円以下の物件をHOME'Sで検索します。   年収500万円~600万円の方向けの約3500万円以下の物件を当店公式HPで検索します。  
  年収500~600万円の世帯:約3,600万円の住宅ローンを利用可能   3,000万円 ~ 3,500万円  
 

選択できる物件が充実している価格帯です。
しかし現実には23区内や人気エリアでは、この価格帯では予算的には少々苦しいでしょう。
そこで、多摩地区の西武線沿線をご提案いたします。新宿30分以内のエリアもあります!

 
             
  年収600万円~700万円の方の住宅ローンのお借入目安は約4200万円です。   年収600万円~700万円の方向けの約4500万円以下の物件をHOME'Sで検索します。   年収600万円~700万円の方向けの約4500万円以下の物件を当店公式HPで検索します。  
  年収600~700万円の世帯:約4.200万円の住宅ローンを利用可能   3,500万円 ~ 4,500万円  
 

23区内でも物件を探すことができる価格帯です。
都心の普通のも便利ですが、当店の担当エリアで、少し贅沢なお選びをしてはいかがでしょうか?

 
             
  年収700万円~の方の住宅ローンのお借入目安は約4800万円です。   年収700万円以上の方向けの約4500万円以下の物件をHOME'Sで検索します。   年収700万円以上の方向けの約4500万円以下の物件を当店公式HPで検索します。  
  年収700万円~の世帯:約4,200万円以上の住宅ローンを利用可能   4,500万円 ~  
 

都内全域の一般的なエリアみならず人気エリアでも物件を探すことができる価格帯になります。
自然が豊かで静価値のも便利な当店の担当エリアなら、ワンランク、ツーランク上の物件をお選びいただけます。

 

 

⇒今の収入では住宅ローンは借りられない、とお悩みの方はこちらをご覧ください。

「頭金0円」でも東京都内でマイホームが買える!をご覧ください。

新宿35分の徒歩10分の分譲住宅の例。狭い敷地いっぱいの3LDK。必要十分な間取りとはいえ、隣家と近接して、窓からは向かいの家しか見えないなど、少し窮屈な暮らしになってしまいがちです。陽当たりはあまりよくありません。駐車スペースは小型車の制限付きです
新宿まで50分のやや遠いエリアなら、余裕のある間取りの3LDKに十分な広さの駐車スペースを確保できます。近隣各戸も敷地に余裕があるので、日当たりや風通しも良好です
  当店公式ホームページ https://www.okura-kikaku.com/ 当社公式Facebook https://www.facebook.com/okurakikaku/ 当社公式Twitter https://twitter.com/okura_kikaku  
  HOME'S掲載 当店取扱い物件 https://www.homes.co.jp/kodate/list/?cond%5Bmemberid%5D=125165huvkoGqZRwN8 SUUMO掲載 当店取扱い物件 https://suumo.jp/jj/common/ichiran/JJ901FC001/?initFlg=1&seniFlg=1&pc=50&pj=1&po=0&kwd=%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%92%8C%E4%B8%8A%E5%8C%97%E5%8F%B0%E5%BA%97&ar=030&newflg=0&km=1 当店取扱い物件 詳細情報 https://www.okura-kikaku.com/#sec02  


 

ACCESS

当店は不動産売買・賃貸・仲介を提供する総合不動産専門店です。 東大和市、武蔵村山市、瑞穂町、東村山市、小平市、立川市で一戸建てマンションなど、不動産のご購入やご売却をご検討されているみなさま、各地の投資物件の運用されているみなさま、お気軽に「ピタットハウス東大和上北台店」にご相談ください。 窓口は多摩都市モノレール「上北台駅」徒歩2分です。
ピタットハウス東大和上北台店写真
店舗名 ピタットハウス東大和上北台店
住所 東京都東大和市立野2-4-1
公式ホームページ

https://www.okura-kikaku.com/

電話番号 0120-933-173
営業時間 9:30~19:30
定休日 毎週水曜日 ・ 隔週火曜日
最寄駅 多摩都市モノレール「上北台駅」徒歩2分
お気軽にお電話ください
0120-933-173 0120-933-173
9:30~19:30
東京都東大和市立野2-4-1

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。