どちらがお得?整形地と不整形地
それぞれのメリットとデメリット
使いやすい整形地、お得な不整形地
ホントに便利なのはどっち?
お家探しの時、建物ばかりではなくて、
地面の形もよく見てみましょう!

整形地不整形地の違いとメリデリ

 

    整形地   不整形地    
    整形地のイメージ   不整形地のイメージ    
   

整形地とは、区画の形が長方形や正方形に整っている土地のことです。建築物を建てるうえで、条件や規制が少なく、区画を効率的に利用できます。

 

 

不整形地とは、区画の形が整っていない土地の事です。具体的には三角形や多角形の区画、斜面など傾斜地や、段差の区画も、非整形地に含まれます。

土地区画が使いにくく、建物を建てるうえで規制や条件が多く、整形地に比べて利用しいこともあり、評価額が低く、税額も減免される場合があります。

   
  メリット

・使用しやすい

・建築の規制や条件が少ない

・資産価値が高い

 

・安価に取得できる

・税が減免される

   
  デメリット

不整形地よりも評価が高い(高価)

・税の減免がない

 

・全敷地を有効に利用しにくい

・建築の規制や条件が多い

・資産価値が低い

   

 


 

不整形地の参考情報:整形地の評価(国税庁) / 関連情報(他社サイト)

整形地不整形地の具体例

整形地

整形地

読んで字のごとく、正方形や整った長方形に区切られた土地区画です。

ハウスメーカーなどの住宅設計プランにマッチししやすいので、効率的に建屋を建築できるうえ、バリエーション多いプランを選ぶことができます。

不整形地1-旗竿地

不整形地1-旗竿地

分譲住宅地でよく見かける不整形地の形状です。

公道に直接接していないような奥まった土地に、接続用の区画を設けた土地です。奥に長かったまとまった区画を、分譲販売する際に文筆すために、手前の区画の一部を奥の区画につなげています。

接続用の区画が、旗を立てる竿、奥の区画が旗に見えるため、「旗竿地」と呼ばれています。

不整形地2-三角地など

不整形地2-三角地など

旧道に接した土地区画が、新道建設で削られたために、四角形の一部が削られて、三角形や極端な台形になってしまった土地です。

新道整備以外でも、何らかの条件(移動できない大きな岩、池の端、斜面など)で四角い区画にならなかった場合も、このような形になる事があります。

不整形地3-傾斜地

不整形地3-傾斜地

山の斜面などの一部を含むような土地です。

ニュータウンの建設で丘陵を造成した場所や、古い段々畑などの斜面の農地を、宅地に転用した場合など、このような土地が分譲されることがあります。

都市部以外では、別荘地など眺望を求めて、あえて斜面に建屋を建築することもあります。

不整形地4-段差地

不整形地4-段差地

ひとつの区画のなかに段差のある土地です。

斜面をなだらかにしきれなかった場合や、古くからこのような形状だった土地です。

中にはもともと平坦だった土地区画に、大地震で敷地断層面が露出して段差を生じるケースや、何らかの原因で地盤の一部が沈下してしまったケースなどもあります。

住むならやっぱり・・・

最初にも述べたとおり、不整形地整形地に比べて、

取得額を低く抑えることが出来るうえ、税制面でも優遇されています。

しかし、安いことや税が減免されるには、それなりの理由があります。

もともと暮らしにくい土地であるため、資産価値が低くく、値段が安くなります。

また利用価値の低い土地だから、税額も低く設定されています。

さらに、条件の悪い場所なので、建屋を建築するために地盤の強化や、

より高度な材料や技術、人手が必要になるため、建築費が高くなる傾向にあります。

それどころか、そもそも建物を建てられないような区域に指定されている可能性もあります。

ですから、安さに目を奪われ、おいそれと不整形地を選択しない方が良いでしょう。

不整形地も使い方次第

とはいえ、極端な場所でもない限り、不整形地も使い方次第で、十分に活用できます。

不整形地の活用法1-旗竿地

不整形地の活用法1-旗竿地

【実は計画的な不整形地

 

旗竿地は、公道との接続区画をガレージに利用するケースが一般的です。

広い一区画を分割して、複数のを建てる分譲住宅地の開発では、どうしても奥まった区画が出来てしまうため、一部を旗竿地にせざるを得ません。

そのため、旗竿の部分を駐車場として活用することを前提に、予め十分な幅をもって旗竿の部分を分割するよう、企画しています。

現在の旗竿地は、不整形地とはいえ、使い勝手や法的な要件も含めて、計画されたカタチと言えます。

不整形地の活用法2-三角地など

不整形地の活用法2-三角地など

【ちょっとしたスペースが便利かも】

 

新道整備などで土地の一部を切り取られてできた三角地などは、鋭角の部分を庭や駐車場として活用します。

容積率や建ぺい率を勘案すると、極端な三角形ではない限り、実用上十分な屋を建てることが出来ます。

不整形地の活用法3-傾斜地

不整形地の活用法3-傾斜地

【眺望を活かす という考え方も】

 

傾斜地は地盤を強化し、屋を建てることも可能です。

斜面部分を地階、平坦な部分を上層階として、疑似的な2階建て住宅にしたり、斜面方向の眺望が良い場合は、構造の軽いテラスなどを設けて活用することも出来ます。

しかしそもそもが傾斜面なので、建築条件に制限が多く、平坦な土地に比べれば利用が難しいことに変わりはありません。

不整形地の活用法4-段差地

不整形地の活用法4-段差地

【段差があっても問題ない使い方】

 

段差地については、高さの違う区画を分けて、例えば高い部分に核を立て、低い部分を駐車場や庭、庭菜園として活用することが出来ます。

段差が小さい場合は、盛り土などで区画のどちらかの高さを合わせて、平坦な土地として利用することも出来ます。

但し盛り土かさ上げした部分の造成が不十分だと、屋の傾きなどの原因となります。しっかりとした施工で必要になるため、建設費用がかさんでしまう事も考えられる。

本当に便利なのは

使いやすさと、資産価値の整形地、お手頃感と、創意工夫の不整形地

いずれも使い方次第で、宅地としての使用価値を高めることが出来ます。

もちろん、整形地に使いやすい建物を建てて、お安くご提供することがベストです。

当店では不整形地でも、その土地を十分に活用した新築一戸建てを多数取り扱っております。

当店の取り扱いエリアは、極端な斜面などはありません。

旧農道沿いの区画などで、少し変わった形をした分譲地もありますが、

価格や使用価値では有利な物件もあります。

 

整形地不整形地とも利用法次第。

マイホーム探しのとき、土地の形が気になったら、当店にお問合せ下さい。

  当店公式ホームページ https://www.okura-kikaku.com/ 当社公式Facebook https://www.facebook.com/okurakikaku/ 当社公式Twitter https://twitter.com/okura_kikaku  
  HOME'S掲載 当店取扱い物件 https://www.homes.co.jp/kodate/list/?cond%5Bmemberid%5D=125165huvkoGqZRwN8 SUUMO掲載 当店取扱い物件 https://suumo.jp/jj/common/ichiran/JJ901FC001/?initFlg=1&seniFlg=1&pc=50&pj=1&po=0&kwd=%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%92%8C%E4%B8%8A%E5%8C%97%E5%8F%B0%E5%BA%97&ar=030&newflg=0&km=1 当店取扱い物件 詳細情報 https://www.okura-kikaku.com/#sec02  


 

ACCESS

当店は不動産売買・賃貸・仲介を提供する総合不動産専門店です。 東大和市、武蔵村山市、瑞穂町、東村山市、小平市、立川市で一戸建てマンションなど、不動産のご購入やご売却をご検討されているみなさま、各地の投資物件の運用されているみなさま、お気軽に「ピタットハウス東大和上北台店」にご相談ください。 窓口は多摩都市モノレール「上北台駅」徒歩2分です。
ピタットハウス東大和上北台店写真
店舗名 ピタットハウス東大和上北台店
住所 東京都東大和市立野2-4-1
公式ホームページ

https://www.okura-kikaku.com/

電話番号 0120-933-173
営業時間 9:30~19:30
定休日 毎週水曜日 ・ 隔週火曜日
最寄駅 多摩都市モノレール「上北台駅」徒歩2分
お気軽にお電話ください
0120-933-173 0120-933-173
9:30~19:30
東京都東大和市立野2-4-1

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。