4K8Kちゃんと映ってますか?
4K8Kは放送局によって電波が違います。
4K8Kチューナーや対応テレビを買っても、
対応したアンテナなどがないと映りません!
NHKや民放の4K放送を見るためのアンテナ、
8Kや専門チャンネルを見るためのアンテナや設備を 
ざっくりわかりやすくご紹介します。

4K8K放送のためのざっくり情報

現在、BSのハイビジョン放送やCS放送を受信しているご庭で、

4K8K放送を受信するためのアンテナや設備をざっくりまとめます。

4K8K放送を見るためにはアンテナや配線、機器を交換し名うてはならないのでしょうか?

 

普通の4K放送のみ見られればよい

 アンテナ:交換不要(※1・・・ちょっと注意しましょう!)

 配線設備:交換不要

 

一部の専門チャンネル(※2)やNHK 8Kも

 アンテナ:要交換

 配線設備:交換かも(※1・・・ちょっと注意しましょう!)

 

一部の専門チャンネル(※3)も見たい

 アンテナ:要交換

 配線設備:要交換

 

 

※1:古い設備や長年使用している設備は交換が必要な場合もあります

※2:ショップチャンネルやスターチャンネル、WOWOWなど

※3:スカパー(スカイチャンネル4K)など

 

 

  当店公式ホームページ https://www.okura-kikaku.com/ 当社公式Facebook https://www.facebook.com/okurakikaku/ 当社公式Twitter https://twitter.com/okura_kikaku  

とりあえず4Kなら アンテナはそのまま使えます

4K8K放送って、どうすればいいの?

正直なところ、けっこうわかりにくいです。

簡単に言おうと、

普通の4K放送を見るだけなら、アンテナなどの交換は

ほぼほぼ不要です。

でも

すべての4K8K放送を見るためには

アンテナも、配線も設備(混合器、分波器、ブースターなど)も

交換が必要

なのです!

ちょっとわかりにくい話なので、

このあたりをざっくりお話します。

でも、現在の2Kと4K8Kはいろいろ違います。

現在私たちが普通に見ている、いわゆる「普通のハイビジョン放送(2K)」は約200万画素。

そして4K放送は画素数が4倍の約800万画素になります。

高画素になるので、電波で送るデータの量がおのずと増えます。

大量のデータは、性能の悪いの衛星放送用アンテナでは、十分に受信できません。

そのため、4K放送の電波を受信するアンテナには一定の性能が求められます。

現在使用しているBSアンテナは交換しなければならないのか?

いいえ、必ずしも交換が必要ではありません。

実際には、現在使用されているBSアンテナの多くには、4Kを受信する性能が備わっています。

しかし一部でまだ使用されている性能を満たさない古い形式のアンテナや

長く使っていて、受信性能が落ちてしまったアンテナでは、

4K放送の電波を十分受信できない事もあります。

 

使用中のアンテナで4K放送を受信できるか 確認する方法

BSデジタル対応テレビで「BS258ch(DLife)」を受信してください。

BS258chが映れば、ご利用中のアンテナや配線は

おおむね4K放送に対応しています

以下のどちらかの方法で「BS258ch」を見ることができます。

 

  A:BSチャンネルの数字入力で「258」を指定する。  
  B:「番組表」で「DLife(BS258)」を選択する。  

◆BS258chについて◆

BS258ch「Dlife」は、ディズニー系の無料放送チャンネルです。

新しいチャンネルのため、

4K放送に似た特殊な電波(高い周波数)を

割り当てられています。

BS258chを見るためのリモコン操作

4K放送をチェックするためのリモコン操作
  ① テレビリモコンのチャンネル入力ボタン(「Ch」や「3桁」など)を押す。  
  ② 数字ボタン「2」→「5」→「8」を押す。  
  ③ 「決定」ボタンを押す。  

BS258が映れば、通常はキー局系の4K衛星放送を受信できます。

「E201」や「E202」などのエラーや「受信レベルが低下しています」との表示が出たら、

アンテナや配線が4K放送に対応していないか、設備が故障しています。

工務店など、アンテナ工事のできる業者に問い合わせてください。

専門チャンネルや8Kは全く別世界!

NHK BS 4Kと、BS朝日,BS-TBS,BSジャパン,BSフジ等キー局系BS4K放送は、

現在使用されているBSアンテナで受信できるケースが多いようです。

(BS日テレは4k未参入 2019/12参入予定)

ところが現在はNHK+民放だけが放送局ではない時代です。

 

衛星放送では8K放送が始まり、専門チャンネルが増えてゆきます。

放送への新規参入で、これまでの衛星放送の電波では、チャンネル数がたりません。

そこで、現在の衛星放送とは別の電波を利用して、チャンネル数の増加に対応しています。

そのため、新たに開設されるチャンネルや、8K放送の受信では

別の電波を受信できるアンテナが必要になります。

 

あわせて、8K放送では4K放送にもまして高精細なコンテンツが配信されます。

8Kの画素数は、4K放送の画素数の4倍、

ハイビジョン放送の画素数の16倍に相当する約3,200万画素です。

そのため8K放送では、4K放送よりもさらに多くのデータを受信して、

テレビまで送らなくてはなりません。

そのため、アンテナと配線設備のすべてを交換しなくてはならないこともあります。

4K8K放送の電波とアンテナなどの設備の対応

4K8K放送の電波と、放送ごとに必要になるアンテナなどの設備の相関関係図

放送の種類による設備の違い

NHKの4K放送や民放の4k放送を見るためのアンテナや配線設備、ブースター

NHKや民放の4Kチャンネル

NHKや民放の4K放送は、これまでのBSハイビジョンの電波に近い電波を使用します。そのため、現在BSハイビジョン放送を受信できているご庭なら、問題なくこの放送をご覧になることができます。

ただし古いアンテナや配線設備では、4K放送に対応していない場合もありますので、BS258などが映るか、チェックしてください。

NHKの8K放送や専門チャンネルの4K放送を見るためのアンテナや配線設備、ブースター

NHKの8K放送や専門チャンネル

NHKの8K放送や、ショップチャンネルなどの専門チャンネルの4K放送は、これまでのBS放送の電波(BS右旋)とは異なる特性の電波(BS左旋かつ高い周波数帯)を使用します。そのため、これらの放送を受信するためには、この特性に対応したアンテナが必要です。

スカパーの4K放送を見るためのアンテナや配線設備、ブースター

スカパー4K

スカパー4Kは、上記の2つとも異なる特性の電波(110°CS左旋かつさらに高い周波数帯)を使用します。そのため、この放送を受信するためには、この特性に対応したアンテナが必要です。そして配線や混合器、分配器、ブースターなどの配線機器の規格も、これまでとは異なるため、交換が必要になる場合があります。

全ての衛星放送(2K、4K、8K、各チャンネル)に対応するためには、

やはりアンテナや配線、混合器、分配器、ブースターを

4K8K対応の危機に交換されることをお勧めします。

テレビは4Kチューナー内蔵なのに、4Kが映らなかった・・・

なんてことがないように、アンテナなども早めに点検しましょう!

当店は不動産仲介だけではありません

当店はリフォームや、小さな修繕など、いろいろな工事に対応します。

 

当店は小規模修繕やリフォームや改修などの工事を

リーズナブルに、スピーディーにご提供します。

 

詳しくは[こちら

 

もちろん4Kアンテナ工事も。

アンテナ交換などの小さな工事も、お気軽にお電話ください
0120-933-173 0120-933-173
9:30~19:30
東京都東大和市立野2-4-1
ACCESS

当店は不動産売買・賃貸・仲介を提供する総合不動産専門店です。 東大和市、武蔵村山市、瑞穂町、東村山市、小平市、立川市で一戸建てマンションなど、不動産のご購入やご売却をご検討されているみなさま、各地の投資物件の運用されているみなさま、お気軽に「ピタットハウス東大和上北台店」にご相談ください。 窓口は多摩都市モノレール「上北台駅」徒歩2分です。
ピタットハウス東大和上北台店写真
店舗名 ピタットハウス東大和上北台店
住所 東京都東大和市立野2-4-1
公式ホームページ

https://www.okura-kikaku.com/

電話番号 0120-933-173
営業時間 9:30~19:30
定休日 毎週水曜日 ・ 隔週火曜日
最寄駅 多摩都市モノレール「上北台駅」徒歩2分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。